The die is cast. ~賽は投げられた~

思った事をつらつら書いていこうと思っているブログ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州サッカー新シーズン開幕


今日の明け方になりますが、いよいよ香川がユナイテッドでデビューなるかというプレミア開幕戦だったので、キックオフ1時間前くらいまでスタメン情報確認して、スタメンじゃなかったら録画して寝ようかと思ってましたが。。。

余裕のスタメントップ下笑った。

まずはこれを貼り付けておこうか。
海外の香川でびゅー戦評

香川の全タッチ集と海外フォーラムやツイッターの香川評。

子供が夜泣きで泣いたりしてたので、途中チラ見な感じでしか見られなかったところあったけど、ほぼ海外サポの方と同じ意見でした。香川持ち上げられすぎて怖いです。まぁ、でも確かにそれくらいの出来ではありましたが。

最近では英語できる日本人もザラですから、もしかしたら海外フォーラムとかの何割かは、日本人の書き込みもあるかもしれませんが、それにしても評価高いですね。「ユナイテッドにイニエスタがいた」とかみるとさすがに笑いましたが。

見ながら感じてたのは、ずっとワイドにボール叩いてサイドから攻める形が長かったから、香川みたいにアタッキングサードで最終ラインと中盤底のライン間でくさびを受けたい選手には、まだまだイメージの共有に溝がある感じですかね。たぶん、見ていた誰しもが思うことでしょうが。スコールズにはもっとシンプルに香川へくさびを打って欲しいと思っていた視聴者も多いでしょう。あの辺が一つ改善されると一気に攻撃のパターンがハマり始めて、これまでのワイドな展開もさらに強力になるんじゃないかなって思います。

つまり、アタッキングサードのくさびで驚異を見せれば、DFは中に絞る意識が強くなり、外に開いたウイングが一気にチャンスメイク出来るし、そのパターンが見せられれば、またDFはサイドに意識持っていかれるから、バイタルが空きやすくなってまた香川、ルーニーにチャンスメイク到来となるって感じです。

スコールズにしてみれば、香川を信頼していないってことはないんでしょうけど、DF間に潜ってくさびを待つ香川にシンプルに出したくても寄せの早いプレミアではより危険性が高くて、まだ安全性を選択してるんじゃないかなとは見てて感じました。いずれにしても、香川という選手の特徴をもっと知ってもらって、シンプルにくさびを貰えるようにそうゆう意味での信頼 (技術的に劣るから信頼していないという意味ではない) を勝ち取ることが第一なんでしょう。まぁ見てても途中スコールズもシンプルにはたいてくれてた場面出てきてたし、クレバリーもやってくれてたんで、まったく信頼ないとは違うようですね。

正直なところ、アーセナルにやられるまえにシャヒン強奪すべきだとおもいますがね・・・。CR7売ってあげたんだから、頼むよ~的に、サーがモウに電話の一本もいれればいいのに。

ナニ、バレンシア、エヴラはもうちょっと様子見で…。

ペルシーは、移籍してきたばっかりでチーム戦術浸透してないだろうし、アーセナル出ると公言したからプレシーズンで十分実戦感覚戻してないでしょうから、これからでしょう。彼は怪我さえしなければ結果は出す選手なので。香川との相性もいいんじゃないですかね。アーセナルはパスサッカーだからラストパスの受け方とか幾通りも持ってますし。

ルーニーは早めに体重落して早いとこブーニーから脱却してください。でも香川とイメージ共有は一番出来てそうなので期待しています。

新シーズンは昨年よりさらに日本人選手増えてなんだかよくわからなくなってきましたね。今シーズンはリーガみるのやめようかなぁ。開始時間遅いし、録画しても見る時間なさそうだし。


あ、信長の方ですけど。

はい。近いうちに挨拶だけでも行こうかと思ってはいます。。。

スポンサーサイト
*CommentList

香川マンチェスターユナイテッド記念パピコ

 丸々一年放置してました。罪の意識ありません、

アジア最終予選の代表期間中だったので香川の移籍はオーストラリア戦後に発表だと思ってたら、まさかのマンU公式発表だからバビってしまった。長友がインテルに移籍したときもそうだったけど、自分が生きている時代に日本人が世界のメガクラブに移籍することを目の当たりに出来るんて、しかもそれが二人目という、本当に信じられない。正直なところ、香川はドルトムントで実績作ったし、長友のインテルみたいな電撃じゃなったから興奮度は少し抑えられちゃってたけど、それでもテンション上がった。

個人的には、もう1年ドルトムント残留でやり残したチャンピョンズリーグの宿題を、ゲッツェ、ロイスとやってほしかったけど、年齢やブラジルW杯からの年数などいろいろ逆算して考えると、移籍は今しかなったので仕方ないですよね。

マンUいったらポジションはどうなるのかなぁ。まぁ、トレカルティスタでルーニーの衛星役なかんじになるんだろうけど、ルーニーは下がってきて組立て参加するの好きだからどうなるかぁ。

続く…



お久しぶりです


欧州サッカーのシーズンも終了し、これからは夏のメルカート期間ということで、シーズンとはまた別の醍醐味が味わえるものです。

御贔屓のユベントスはELすら逃す7位…。何故37節でローマが負けたのにユーベまで負けてしまうんだ…、とその時でシーズン終了を確信しました。
近年は野戦病院とすら言われているユーベですけど、来季には是非名門復活のスクデット、ダメだとしても3位以内にはつけてCL出場権を勝ち取って欲しいです。来季はブンデスにランキング抜かれてCL出場枠が1枠減らされますからね…。

そんなユーベですけど、ミランから移籍金なしでピルロ獲得を皮切りに、サンプからツィーグラーも獲得とメルカート序盤から積極的です。情報によると、デ・ロッシやテベスの獲得を狙ってるそうなので来季への本気度が伺えます。ただ、いかんせんチーム全体の平均年齢がかなり高いので、何とか10代から20代前半の有望な若手を育てるかなんとかしてほしいのが本音です。ピルロもいんだけどねぇ。。。年齢が。。。そう思うと、サイドポジションの人材難な状況で何故長友を取り逃がしてしまったんだというのは尽きない悔みです。

そんな長友はインテル完全移籍もほぼ合意に達した様で、早ければキリンカップ後には正式発表あるのかな?
長友がイタリアへ移籍してから、チェゼとインテルの試合を見る回数増えましたけど、やっぱりユーベに来てほしかったなぁとつくづく。ユーベなら5年はスタメン安泰とは言いすぎかもしれないけど、ハードワーカーが少ないユーベには是非必要な人材だったと思います。それにしてもインテルの試合見てると、モウがいなくなってからホントつまらなくなってたけど、長友のお陰でそれはそれで面白いなと感じるようになりました。ディフェンスに大きな移籍が無ければ恐らく来季もスタートから長友が見れると思うので、時間的に見れるときは見ていこうかなと思います。

さらっとキリンカップの話が出ましたが、今日のチェコ戦は割と楽しみにしてます。前のペルー戦は欧州組が合流して間もなかったので、国内組中心のテストになるのは明白でしたし。ザックになって本格的に3-4-3をテストするのが今回のチェコ戦でしょうから、なんとかレポ書けたらと思っているところに、本日は帰宅が遅くなること大決定。

私的予想スタメン。

        李
    岡崎      本田

 長友   家長   長谷部   内田

    吉田  今野  栗原

       川島


こんな感じですかね?
本当は岡崎のところに宇佐美を書きたかったのですが、この試合を全て3-4-3で通すと想定した場合、後半から李のところに岡崎が入って岡崎の所に宇佐美かなと予想しています。

今回のメンバーを見ても誰をどこで起用するか非常に迷うほど、攻撃陣はタレントが揃ってきているのに対し、守備陣はまだまだ物足りなさもあるところでしょうか。どうしてもCBは経験も必要なので世代交代を考えれば今から育てるという意味で、ある程度は目をつぶって見守っていく事も必要でしょうけど。最悪本番までにいい成長が見込めなかった時、闘莉王は年齢的にも大会開催地的にも招集が見込めると思うので、そういった意味では焦らなくてもいいのでしょうか。

もう一つは遠藤の後釜をどうするか。今回は家長が名乗りを上げました。実際プレー見てから正当な判断をするとしても、下馬評は難しそう。何せ運動量が…。お地蔵様とは良く言ったもので…。

攻撃センスは抜群なだけに、出来れば3トップの一角で起用がみたかったのですが、家長がこれからもリーガで生きていこうとするならば、今までの様に攻撃專では生きていけないでしょうから、いい成長のきっかけとして今回の遠藤ポジションがこなせれば日本の将来も一気に明るくなるかもしれません。

それにしても報道見てるとシステム論がーって良く耳にします。
現状の日本にとっては4-2-3-1がベストなんでしょうが、先のアジアカップを見てもそろそろ研究されてきてる感が伝わってきます。変化を付けるという意味で私は3-4-3という挑戦は賛成で、タレント次第で3-4-3から選手交代無しで4-2-3-1にも4-1-2-2-1にも変化を付けれそうなのがいいのではと思います。こんなのは単に想像でしかないし、プロの目からみれば安易な変化でしょうけど。まぁ、あくまでシステムはシステムであって、実際は連動性がなければサッカーは成り立たないわけですから、ほぼベストの布陣が敷けるこのチェコ戦は見る価値大です。

*CommentList

とりあえず更新してみる


┃                  ┃
┃      ┌┬┬┐    ┃   ┏ NEXT  ┓
┃  ┌┬┼枝野┘    ┃   ..┃┌┬┐  ┃
┃  └蓮舫┤        ┃   ..┃└仙谷┐┃
┃    └┼┼┐      ┃   ..┃  └┴┘┃
┃      ├岡田      ┃   ┗━━━━┛
┃┌┬┐└┼┼安住┐┃    . . .... ..: : :: :: ::: :::::: ::::
┠┼┤野田└┴┴┼┼┨         Λ_Λ . . . .: : :
┠┼土 ┴┘     ├菅┨        /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . ::
┃├肥          ├┤┃       / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .::
┠┼┼┬┬┬┬┬┼┤┃       / :::/;;:   ヽ ヽ ::l .
┠┼小┼┼┼┼鳩┼┤┃  ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄
┠┼  ┼┼┼┼  ┼┤┃
┠┼沢┼┼┼┼山┼┤┃
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛





良くできたAAだなと感心してしまった。
ただそれだけ。




欧州CLベスト4決定


セミファイナルの組合せは、

マンチェスターU vs シャルケ
レアルマドリード vs バルセロナ

という事で、前回王者のインテルはシャルケに敗退となりました。

カルチョ全滅ということで、来年のリーグからセリエからのCL出場枠は4から3に減る事は濃厚。これに代わって、ブンデスがセリエに代わって3から4に増えるでしょう。

1990年、初めてW杯を見たときのバッジョの衝撃から長らくセリエを御贔屓に。最近はスキャンダルもあったりなどリーグ全体に熱気が薄れてきたと言われながらも、それでも世界トップに数えるリーグであると思っています。欧州リーグランキングで後退するのは残念なことですが、それでもカルチョサッカーを見続けていきたいなと思います。ユーベ。頼むから復活してくれ…。

さて、残念な結果に終わったインテルですが、長友を見る限りパフォーマンスは良かったと思います。それは、彼の試合における走行距離(両チーム通じてトップの11.5km)を見てもうなずけるものがあり、辛口で定評のあるガゼッタで負けているにもかかわらず、6.5評価にインテルのMOM。何故ここにきてガゼッタが長友にデレているのかわかりませんが、長友にとっては明らかに追い風が吹いているのも確か。明日未明のパルマ戦でキヴが帰ってきてもスタメンで出れるようなら、彼はインテルにとって本当に大切な戦力となり、完全移籍を勝ち取る事も現実化するでしょう。

それにしても彼にとって憂いべくことは、江藤さんがどうも球離れ悪くなっている事。チーム方針であると思うのですが、デビューした時の様に追い越す長友に縦パスが1本入ればどれだけ多くのチャンスを作れたかと思うと、本当に残念です。キエーヴォ戦の様に左右ワイドにSBを使って中央を開かせ、機を狙ってスナイデルらと中央突破を試みれば、もう少し違った展開もあったかもしれませんがこれはもうどうにもならない事。この試合の江藤さん、ミリート、マイコンにはちょっと残念であったと同時に、レオにやはり策がないのが辛いところでした。逆に神だったなと思うのはサネッティ。中盤でのデンジャラスゾーンの埋めと攻守切り替えになった時のプレッシング。僕個人では、長友と同じ6.5をあげてもよいのではと思うほど素晴らしかったと思います。

さて、CL敗退を受けたインテルは、わずかな望みのかかるリーグスクデットとコパイタリアのカップを狙いに行く事になります。なんといっても、昨年3冠が今期無冠では終われないので、特にコパイタリアには力を入れるのではないかと思います。

そんなコパイタリアは現在ベスト4まで決定しており、来週の水曜日早朝にはセミファイナルの1stレグ。実にインテルは一昨日のシャルケ戦から中二日でリーグ戦含めて4試合続きますから、非常に苦しい時期に入るでしょう。そしてももっと悩める種は、コパのセミファイナルの相手であるローマのトッティが絶好調であること。元同僚のモンテッラが急遽監督になって以降、ゴール量産中。今の勢いは、ナポリかローマかくらいです。ここで足元すくわれるようだと、レオ、来季の契約は白紙でしょう。リーグも残りわずかなのでさすがにここにきて解任はないと思われますが、現在3位から来季のCL出場権の4位から下にチームを下げてしまう様な事があるともしかしたら…。そんな中、ユーベは。。。頼むよ。。。

シャルケ内田君。こんなにも成長するとは正直思わなかったのが多くの人の本音では。移籍当初こそ日本人起用を好むマガトの恩恵だとさえ言われていましたが、ラングニックに代わっても変わらずスタメンはおろか、むしろラングニックの信頼はぶ厚い。世界的にこのポジションの有能な選手が少ないため、今回のCLで名を馳せた内田にはビッグクラブからオファーがあってもおかしくないとすら思えます。でも、シャルケは当分出さないでしょうね。むしろ、ラウルですら契約最終年までシャルケでやると言ってますから、これはラウル、内田、ファルファンを中心にラングニックがチームの強化を図るんじゃないかと思われます。残念ながら来季はCL出れそうにないですけど、ELとブンデスで優勝を狙いそうなそんなチームに一気に変貌する可能性は高いでしょう。ラングニックになって明らかに組織力が変わってますからね。決してマガトも悪い監督ではないと思うのですが、選手と監督の間で確執が起こると、有能な監督でもダメなものはダメですね。

最後に。今週末から5月の半ばまで、欧州サッカー界では非常に注目の集まる期間になると思われます。
それは、レアルとバスサの直接対決が、計4戦。内訳は、リーグ戦で1戦、カップ戦決勝で1戦、CLセミファイナルで2戦ということで、私の大好きなモウリーニョは、前回のリーグ戦でのバルサに大敗を喫したリベンジはなるのかということで、かなり注目しています。

ここ数年、特に今期に限っては非常に多くの日本人選手が欧州リーグに移籍しており、単に移籍ではなくチームの主力として試合に出る事が多くなったので、試合をチェックするのが大変に。仕事に支障が出ない程度に見ていこうと思います。




*CommentList

ご案内

プロフィール

正宗

Author:正宗
以前は信長の野望online関係でブログをやっておりました(正宗)

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。